子供の教育

アスペルガーの子供が勉強へ意欲的!その教え方の秘密とは?

アスペルガーオンライン学習
30代母親
30代母親
うちの子全然、勉強してくれない。。。
40代父親
40代父親
子供が勉強を苦手に感じている。このままではいけないと思いながらも、圧力になるとパニックを起こすし。。。どうしたらいいんだろう。

「子供が勉強嫌い」「勉強が苦手」「勉強しない」などなど。

Tai
Tai
これらは多くの親の抱える悩みの一つですが、特にアスペルガーなどの病気を抱えていると、その悩みはいっそう深刻に思えるかもしれませんね。

しかし、そのような子供でも自ら意欲的に勉強に取り組めるように助ける方法があります。

Tai
Tai
見つけたんです。学習面で大きな助けとなるサービスを。そうは言っても私自身が利用したものではありませんので、あくまでも参考程度にご覧いただければと思います。

それはオンライン学習支援サイト「すらら」です。

⇨学習面での障害を乗り越える助け「すらら」公式サイトを見てみる

今(2019年12月)なら入会金無料キャンペーン実施中!

Tai
Tai
サイトを見ていきますと、「なるほど、これは確かに発達障害者が学力に自信をもったり意欲的に取り組む工夫がされている」と感じると思いました。

この記事では

  • 「すらら」の教え方の特徴6つ
  • アスペルガー症候群の子供の特徴
  • 「すらら」体験者(本人、親)の声【公式サイト抜粋・ツイッター】
  • 不登校を登校扱いにできる「すらら」

 

の順番で取り上げていきます。

ではどうぞ。

アスペルガーの子供が勉強へ意欲的になる教え方「すらら」

アスペルガーの子供に限らず、発達障がいやADHDなど、学校生活や勉学に向き合うのに難しさを感じる子供たちに、

楽しく学び、解ける喜びを与える

自立学習応援プログラム、それが「すらら」のコンセプトのようです。

 

「すらら」の理念

「子供たちに生きる力を与えたい」

世の中には、学力や所得、地域の格差などによって十分な教育を受けることができない子どもたちがいます。
私たちはそうした子どもたちにも、ひとりひとりに合った新しい学習体験を届けます。
この学習体験を通じて、子どもたちは、
「大人になっても役に立つ真の学力」と
「努力をすれば結果が出るという自信」を身につけることができます。
私たちはこれらを実現するために、新しい学びの形を、学校や塾、その他の教育機関と共に築いていきます。

 

この熱い思いは取り組みに表れ、実際に表彰されているようです。

すらら表彰

出典:すらら

実際に「すらら」が子供に勉強を楽しませる特徴について以下で確認してみましょう。

他の学習支援サイトにはない本当に効果的な方法を採用しています。

Tai
Tai
なかなかスゴイですよ。子供のことも、親のことも考えられた方法です。

アスペルガーの子供に勉強を楽しませるすららの教え方の特徴

「すらら」には、以下の5つの特徴があります。

これらがアスペルガーの子供を含めて脱落者を出さず、楽しみながら勉強を行なえる秘密です。

  • アニメーション(視覚的に学べる)
  • ゲーミフィケーション(ゲーム感覚で学べる)
  • オーダーメイド学習(究極の個別学習)
  • 無学年方式(つまづいた部分へ学年を超えてさかのぼれる)
  • すららコーチとのコミュニケーション(親へのアドバイスもある)
  • 不登校でも登校扱いにできる要件がそろっている
Tai
Tai
特に良いと感じたのは「無学年方式」と「すららコーチ」という存在ですね。

1つずつ簡単に見ていきます。

アニメーションで視覚的に学べる

すらら学習風景アニメーション出典:すらら

 

文字や文章を理解するのに難しさを感じる人も、アニメーションを通して視覚的に学ぶことができます。

アニメのキャラクターが話しかけてくる対話型・参加型の授業。

プロの声優が採用されていて、音声によっても学ぶ世界に引き込まれていく要素が取り入れられていますね。

Tai
Tai
プロの声優さんを使っているのにはかなりの本気度を感じます。やっぱり引き込まれ方が違います

ゲーミフィケーションで楽しみながら学べる

すらら学習風景ゲーミフィケーション出典:すらら

 

ゲームを楽しむかのように勉強して、その結果も視覚的に確認できるので知らないうちに集中して、自分の努力の過程もしっかり確認できる、を実現。

様々な世界観を含んだゲーミフィケーション教材で、飽きずに集中して学ぶ工夫がなされています。

Tai
Tai
飽きさせない工夫も大事ですね。

オーダーメイド学習でつまづきを取り除き、わかるを積み上げる

学習障がい者がつまづくポイント出典:すらら

 

上図のように、子供は勉強がつまらなくなっていきます。

みんなはわかっているのに自分は分からない、授業はみんなに合わせて進んでいく。

結果、その先も理解することができず置いて行かれて勉強がつまらない。

「すらら」では

独自のシステム「つまづき診断」によって、子供がどこでつまづいているのか、どこが理解できていないのかを診断し、

その子供にあった問題を提出、解けない理由を説明してくれます。

その子供の「わからない」を徹底的になくして、「わかる」を積み上げていく授業の進め方ですので、しっかりとした学力を身に着けることができます。

Tai
Tai
僕も自分の経験からよく覚えているのですが、わからないまま進むとはっきりとやる気がなくなりますよね。

無学年方式でつまづいた過去へひとっとび

無学年方式出典:すらら

 

この無学年方式がこの「すらら」が子供に真の学力を与えていく大きな取り組みだといえます。

上項の「オーダーメイド学習」にも同じ「すらら」の思いが垣間見られるんですが、この「無学年方式」も

分からないところを徹底的になくしていく、学年をさかのぼってでも。

図にするとこんな感じです。

無学年方式具体例出典:すらら

 

ここまで徹底して理解させる。

しっかりとした土台を積み上げていく。

学校でみんなに付いていけなくても、「すらら」についていけなくなることはありません(>_<)

Tai
Tai
本当に頼もしいシステムだと思います!

子供の支え、そして親の支え、「すららコーチ」。

すらら保護者へのサポート出典:すらら

 

すららコーチは子供にとっても親にとっても大きな存在です。

子供の学習を励まし、親にも子供の学習を支援するためのアドバイスをしてくれます。

学習面でのサポートの仕方は親よりも、熟達していますので本当に頼れる存在でしょう。

Tai
Tai
発達障害の子供に教えるプロに相談できるわけですから相当心強いですね。

不登校を登校扱いにできる「すらら」の自宅オンライン学習(要件あり)

アスペルガー症候群を始め、多くの発達障害を抱えた人は傷つくことが多く、結果として学校自体になじめないこともあります。

勉強に意欲がないだけでなく、学校そのものに行く力がなくなる…

親として無理させたくないものの、将来のことを考えると学校に行かないのはあとあと不利になる…

そう悩むこともあるかもしれません。

Tai
Tai
本人もそうですし、親としても辛いですね。

「すらら」には文部省が定める「登校扱い」になる要件がそろっています。

すらら不登校を登校扱いにできる

出典:すらら

Tai
Tai
学校にはなじめないけどオンライン学習なら楽しく勉強できる、という可能性もあります。

そしてこの「すらら」の自宅学習は決して孤独で寂しい勉強ではないようです。

ネットワークでつながった5万人の学習者とエールスタンプなどを送りあって励ましあえる環境が用意されている、という人とのあたたかな繋がりも感じられる工夫がされています。

Tai
Tai
もし自分の子供が学校になじめなくて不登校になっても、この「すらら」で勉強も楽しく行えて、なおかつ登校扱いにできるのであれば試してみる価値はあるかもしれませんね。

アスペルガーの子供に見られる特徴

アスペルガーの子供にはどんな特徴があるのか、すべての子供に当てはまるわけではないかもしれませんが、おおよそ

  • 社会性の欠如(一人で遊び、一人で過ごす)
  • コミュニケーションが苦手(場や流れを読まない発言で浮く)
  • 興味や活動が偏る(得手不得手が極端)

などの特徴があり、これらが一つの結果的側面として

勉強が嫌い、勉強が苦手、勉強をしない

という形で表れるのでしょう。

だって、他の人といることが難しく感じたり、興味がわかない授業だと、勉強についていくことが困難になるのは当然です。

しかし、アスペルガー症候群は多くの場合特に知的な部分で他者に劣っているわけではありません。

ですから、適切な環境下で学習に向き合う助けがあれば、勉強を楽しんで行なうことができ、学力を向上させるはことは十分可能です。

Tai
Tai
教え方に工夫や努力が必要だということですね。

実際に学校での授業についていくのは難しくても、「すらら」の助けによって勉強を楽しみ、学力を維持、向上させることができている若者は大勢います。

「すらら」ならアスペルガーの子供の勉強苦手を得意に変える

アスペルガーの子供に限らずではありますが、勉強が苦手という子供は少なくありません。

そんな子供にも勉強を楽しめるように助け、苦手を得意にしてしまう。

実際に「すらら」を体験した本人や保護者の声に注目してみましょう。

最後にツイッターでの評判もみてみたいと思います。

「すらら」体験者(本人)の声(公式サイトより一部抜粋)

高校生も取り組んでいます↓

はじめは苦手な英語に取り組んだが、英文を読めるようになり書けるようにもなった。のちに数学や国語の苦手単元も克服することができた。(高校3年生)

そして小学生も。一日中勉強していても飽きないというのはスゴイですね。

キャラクターが教えてくれるレクチャーは飽きないし、問題も次々に違うものが出題されるので、休みの日は一日中勉強していても飽きないです。(小学校5年生)

もちろん中学生も。

初めてすららを見たときはときは、「これで平気かな。」と思った。
けど、これまでの勉強方法と比べて進みが速くなったし、かみくだいて説明してくれるので、とてもわかりやすくて、すらすら問題が解けるようになりました。今回の定期テストでは全部95点以上とることができました。(中学1年生)

きっと個人差はあると思いますが、わかり易いとか、達成感を感じているのが伝わってきます。

「すらら」体験者(保護者)の声(公式サイトより一部抜粋)

保護者の声も聞いてみましょう。

中学生になってから約2年間弱、息子はすららをがんばっています。
小学生の頃は、パソコンの前に座っていたらゲームしかしていませんでしたから、どうなることかと正直思っていましたが、子供にとっては、勉強のサポートツールとして支えになっているようです。
取り組みの様子が携帯メールで届くのも、親として安心の1つとなっています。(中学生の親)

取り組みの様子が親の元にメールで届くのは、親子で学習に取り組めたり子供の学習をしっかり見守るためのよいサービスです。

最も懸念したところは、自宅での自立学習の継続性という点でした。
それまでは、親が言わないとやらないこともあったのですが、すららに変更してからは自ら進んで学習するようになりました。
特に、現在開催されている「すららカップ」が始まって以来、1日平均8.8時間もの学習時間を継続しており非常にびっくりしております。
ほぼ毎日、朝5時に起きてすららをやり、学校から帰ってくるとすぐに再開し夜22〜23時までやっています。
休日は友達との遊びを断ってまですららをやっている状態です。(小学生の親)

「すららカップ」というイベントが意欲をかき立てる良い要素となっていますね。

すららの学習は丁寧な指導で、とても分かりやすいですね。
自分で学習でき、先取り学習ができることが、 息子にとっては魅力的なようです。
ユニットをクリアし、さらにレッスン、ステージをクリアしていくことで得られる達成感は、自信へと繋がっているようです。(中学生の親)

無学年方式というのは、分からないところを学年をさかのぼって習得できる側面と、わかるところはどんどん先に進める側面があるので、勉強をしたいときにしたいだけ進めることができるというのは、自宅での学習ならではですね。

すららコーチへのインタビュー(公式サイトからの抜粋)

すららコーチのお一人である「多賀谷先生」へのインタビューが公式サイトで取り上げられていました。コーチがどのような姿勢で学習支援に取り組んでいるのか、一部抜粋します。

発達障害のお子さんは、ほとんどの場合学習に遅れがあります。全教科大きく遅れている子、教科ごとの差が大きい子などさまざまなので、まずは遅れの度合いをしっかり確認するようにしています。
それから、障害の特性を詳しく教えてもらいます。学校や家での様子などを保護者から聞き取りして、その子に合った学習の進め方を考えていきます。

みんなと同じように進めるのではなく、その子がどういう助けが必要なのかをしっかり見極めてく取り組んでくれるんですね。

もちろん、スムーズにはいきません。集中力が続かない子が多いので、最初の頃はイライラしてパソコンに当たるとよく聞きます。でも、そこで保護者が諦めてしまったらそれまでなんです。私は、問題は起こって当たり前と考えています。勉強が大の苦手な子、変化することが苦手な子、5分もじっとしていられない子たちなので、当然ですよね。最初はつまずいても、保護者が根気よく向き合っていけば、必ず子どもは変わっていきます。すららコーチは、保護者を支えるアドバイザーなんですよ。

子供にとってはもちろん、親にとっても本当に心強い支えとなりますね。

特にアスペルガー症候群(現・自閉症スペクトラム障害)の子は、教室ではパニックを起こしたりして適応できないことが多いですが、実際は記憶力も高く、頭のいい子も多いんです。その子の将来の可能性を開花させてあげたいというのが親心ですよね。すららで学ぶことで、普通教室に入ることができたら、その子が将来自分のやりたいことを見つけていくのに役立つと思います。そういう子がふえたらいいなと思っています。

親のようにその子の良い将来を願ってくれる「すららコーチ」の存在は、アスペルガーの子供を持つ親にとっても心の支えとなります。

「すらら」の評価をツイッターから確認

Tai
Tai
ツイッターには宣伝もありますが、実際の正直な意見が多いですのでかなり参考になります。ちょっと見てみましょう。

Tai
Tai
↑子供が楽しんで勉強に取り組んでいる姿を見るのは親として本当に嬉しいでしょうね。障害のある子であるのならなおさら。

Tai
Tai
体験メニューもあるのはいいですよね。「楽しそうに」というのが上の方と共通ですね。

Tai
Tai
スゴイ食いつき(笑)だそうです。いいですね。プレゼントなど楽しませる工夫がいろいろあるようです。

以下のようなツイートもありました。

Tai
Tai
発達障害の症状もそもそもの個性も様々ですので、必ずみんなに合う教材ではないのかもですね。

しかし、やはり教材自体はかなり良いもののようです。

実際の塾でも採用されている教材なんですね。

Tai
Tai
体験者の意見から、かなり楽しく学べる工夫がなされている学習教材&システムであることがよくわかりました。

アスペルガーの子供が勉強へ意欲的!その教え方の秘密とは? まとめ

子供が勉強を楽しめる工夫とサポートが充実、それが「すらら」というオンラインの自立学習支援プログラムでした。

その「すらら」の特徴をもう一度まとめてみましょう。

  • アニメーション(視覚的に学べる)
  • ゲーミフィケーション(ゲーム感覚で学べる)
  • オーダーメイド学習(究極の個別学習)
  • 無学年方式(つまづいた部分へ学年を超えてさかのぼれる)
  • すららコーチとのコミュニケーション(親へのアドバイスもある)
  • 不登校でも登校扱いにできる要件がそろっている

そして、「すらら」の理念は

子どもたちに真の学力と自信を身に着けさせ、生きる力を与えたい。

というものでした。

我が子には実際にどれほどの効果があるのか…

気になるところもあるかと思います。

無料体験も用意されているので、この機会に確認してみるのもよいですね。

子供たちに生きる力を「すらら」公式サイトを見てみる 

今(2019年12月)なら入会金無料キャンペーン実施中!